• 「藤里町の概要 」
    • 「世界自然遺産 白神山地の麓 雄大なブナの森に抱かれた町」藤里町は、秋田県の北部に位置し、青森県との県境一帯は標高1千mを超える山並みが連なる白神山地である。その面積は282.13km2と広大だが、北部一帯は米代西部森林管理署が管轄する国有林で、その面積は182.7km2で全面積の64.8%を占めている。支流の黒石沢は清冽な流れと、ブナ観察学習林としての岳岱自然観察教育林や田苗代湿原が保全され、誰でも容易にブナ林・亜高山植物・湿性植物の観察ができ、男性的な太良峡コ−スのなかでもハイカ−にとって観光シ−ズン中人気のコ−スとなっている。また、屋久島と共に日本で初めて世界自然遺産に登録された広大なブナ原生林核心部であり、容易に人を寄せつけない自然度を保っている。その流域には素波里多目的ダムや環境庁指定の素波里国民休養地が整備され、キャンプ等のアウトドア・レジャ−で多くの観光客に親しまれており、その下流は河岸段丘に農地が拓け変化に富んでいる。
藤里町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。