• 「西目屋村の概要 」
    • 西目屋村は、津軽地域の西部に位置し、東経140度18分、北緯40度34分、標高120mにあり、津軽穀倉地帯の主要水源である岩木川の源流域となっています。津軽の主要都市、弘前市より西に岩木川とともにさかのぼること16キロメートル、東西に袋谷をなした別天地あり。村の総面積は246.02平方キロメートルでそのうち、93%が林野であり、林野面積の91%が国有林によって占められています。気象は、平野部とちがい標高1,000メートルにもいたる山々によって囲まれている山峡の村であるため、気温が低く、日照時間が短い。夏は雨が多く、冬は豪雪という日本海側気候を呈しています。青森県西目屋村は弘前市から車で約30分、白神山地を有する村として自然と共生する地域づくりが進めれています。「津軽富士」岩木山の南麓に位置し、リ ンゴの里としても知られています。豊富な湯量を誇る3つの天然温泉に加え、ホテルからキャンプ場、コンドミニアム・スタイルまで、さまざまな利用状況に対応した宿泊施設が揃っているた め、白神山地探勝のレジャー基地として最適です。
西目屋村の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。