• 「外ヶ浜町の概要 」
    • 外ヶ浜町は、青森県津軽半島の北東部に位置(東経140°38′、北緯41°2′)している。東は陸奥湾に面し、西は中山山脈を隔てて北津軽郡の市町村が隣接。南は蓬田村と隣接し、北は今別町をまたいで本半島最北端の三厩地区があり、津軽海峡を隔てて北海道と相対。東西約27km、南北約25km、総面積229.92k㎡。津軽国定公園龍飛崎をはじめ、風光明媚な景観の観光資源や固有の伝統文化行事等を受け継ぎ、海と山と川の恵みとともに生きる町です。 地勢は、津軽半島中央部を南北に連なる中山山脈から、東側の海岸線に向けて流れる河川に沿って平地部が形成され、集落と耕地のほとんどは海岸線及び河川の流域に沿って位置しています。総面積の約89%が山林で、その多くは国有林であり、農用地及び宅地の割合はわずかです。気象は、夏季が短く冬季が長い積雪寒冷地帯です。
外ヶ浜町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。