• 「市原市の概要 」
    • 市原市は、都心から 50 km圏内にあり、千葉 県のほぼ中央に位置し、北は千葉市、東は 茂原市、長柄町、長南町、南は大多喜町、 君津市、西は木更津市、袖ヶ浦市の5市3 町と隣接している。 面積は 368.20平方kmで、首都圏では有数の市域を有している。 市の中央部を養老川が縦断して東京湾に注ぎ、北部から中部にかけては平坦地が多く、中部で緩やかな丘陵となっている。千葉県内第2位の経営耕地面積を有し、農業産出額は県内第9位であり、水稲のほかにダイコン、スイカ、ジャガイモ、トマトなどの野菜栽培、梨、イチジクなどの果樹栽培も盛んに行われている。また、南部の丘陵や山間地帯には多くの自然が残され、高滝ダム周辺から養老渓谷にかけては観光地となっており、年間を通して観光客が訪れているほか、ゆるやかな丘陵を利用したゴルフ場が多いのも特徴の一つとなっている。気候は、温暖な気候と海・山の幸に恵まれたいちはらの土地は、縄文・弥生時代を通じて遺跡がおよそ2,500か所、貝塚が45か所あります。
市原市の高齢者向け施設
施設数は23件です