• 「袖ケ浦市の概要 」
    • 袖ケ浦市は、東京湾沿い、千葉県のほぼ中央に位置し、羽を拡げた蝶のような形をしています。面積は94.93平方kmで、東部は市原市、西部は木更津市に接し、北部は鋸の歯のような形状で東京湾に臨んでいます。産業は、東京湾に接している袖ケ浦市は工業が盛んです。市の北西部の海岸は、かつて海苔養殖が盛んでしたが、昭和40年代から京葉工業地帯が形成され、ここから電気、ガス、石油などの膨大なエネルギーが首都圏へと送られています。一方、内陸部の緑豊かな農業地帯では、稲作を始め、レタスやトマトの施設園芸や、里芋、大根、落花生などの生鮮野菜が栽培され、都市近郊の台所を支える食糧基地としての役割を果たしています。また、酪農も盛んです。
袖ケ浦市の高齢者向け施設
施設数は3件です