• 「湯川村の概要 」
    • 「米と文化の里」湯川村は、津のへそとも言われるように会津盆地の中心に位置しており、東に秀峰・会津磐梯山を仰ぎ,西に春日八郎の故郷会津坂下町、南は白虎隊で有名な会津若松市、北にラーメンで有名な喜多方市にそれぞれ接している交通の要所であります。村の面積は16.37平方Kmで福島県内で一番小さい自治体です。湯川村は,勝常寺を代表とする歴史的遺産と美しい田園環境に恵まれた美しい村です。会津盆地のほぼ中央に位置し,水田が広がり,四季折々に美しい景観を見せてくれます。村の基幹産業である農業は,水稲を中心に野菜(夏秋トマト,キュウリ,グリーンアスパラガス,ネギ),畜産(肉用牛),花卉(二輪菊,アルストロメリヤ)等を組み合わせた複合経営により営まれています。
湯川村の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。