• 「中部エリアの概要 」
    • 地域は群馬県のほぼ中央に位置します。3市2町1村から構成され、「前橋地域」、「伊勢崎広域」、「渋川広域」の3つの広域に分けられます。大消費地である東京及びその周辺地域に近い立地条件の下、水利や土地基盤の整備が進んだ農地等を活用し、安全・安心で多彩な農畜産物を生産・供給しています。 また、消費者や学校給食等と連携した地産地消、直売所や農園を核とした観光農業、消費者ニーズや環境等に配慮した農業の実践など、地域農業の維持・強化に向けた様々な取り組みが行われています。 なお、中部地域の農業産出額は769億円で、県全体2,250億円の34.2%を占めており(平成18年)、「米麦二毛作を基幹とした土地利用型農業」、「東京を始めとした大消費地向けの新鮮野菜生産」、「県全体の4割以上を占める畜産業」及び「赤城山麓や渋川周辺地域の観光農業」などが、この地域の農業の特色となっています。
中部エリアの高齢者向け施設
施設数は188件です