• 「中之条町の概要 」
    • 中之条町は群馬県の北西部に位置しており、新潟・長野県に接する県境の町です。面積439.28平方kmで、みなかみ町、高崎市、沼田市に次いで県内4番目の大きさです。地形は、森林が面積の8割以上を占め、神秘的な野反湖、貴重な高山植物の宝庫である芳ヶ平など自然美にあふれています。また、盆地・河岸段丘・丘陵地などがみられる変化に富んだ景観を形成しています。気候は、山間地で標高差があるため、地域的な格差はありますが、山に囲まれた盆地状の地形であるため、内陸性気候となっています。山林が広く平坦地が少ない本町にあって、南部は比較的平坦で古くから市街地が形成されるなど、町だけでなく吾妻郡の政治、経済、文化、交通の中心として発展してきました。北部は、風光明媚な三国山系の高峰がそびえており、上信越高原国立公園に指定されています。
中之条町の高齢者向け施設
施設数は2件です