• 「古平町の概要 」
    • 古平町は、積丹半島の東側中央部、積丹町と余市町に隣接した位置にあります。余市町から古平町までの区間に鉄道はなく、公共交通としては余市町や小樽市から定期バスが1日17往復開設されています。広域幹線ルートは、国道229号であり、小樽市までは36.1㎞で車利用の所要時間は1時間弱、札幌市までは約1時間30分となっています。面積は188.36k㎡ですが、山林が167.73k㎡と89%を占め、平坦地は古平川流域、丸山川沿いなどに限られており、比較的集約されて市街地、集落が形成されています。産業は、古平町ではタラコの製造量が2,000tで、明太子を除いたタラコ製造において、全国の出荷量の10%を占めています。
古平町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。