• 「檜山エリアの概要 」
    • 檜山地方は、北海道の南西部、渡島半島の日本海側に位置し、南北に細長い地形です。大成沖27kmにある離島の奥尻町を含む全7町で構成されています。総面積は2,630km2で佐賀県よりやや大きく、全道83,424km2のうち、3.2%を占めます。西部は日本海側に面して平野が少なく、7町のうち5町が海岸線を有しています。また海岸沿いには切り立つ断崖や奇岩が連続し、夏には穏やかで澄みわたった海とそこに沈む美しい夕日を眺めることができます。北部には後志利別川、南部には厚沢部川、天の川などが流れ、その流域は肥沃な農耕地となっています。
檜山エリアの高齢者向け施設
施設数は2件です