• 「中標津町の概要 」
    • 中標津町は、北海道の東部、根室管内の中部に位置し、町域は東西約42km、南北約27kmに及びます。面積は、684.87平方キロメートル。北部は千島火山帯につながる丘陵地で、南側に向かって緩やかに傾斜し、平坦な根釧原野が広がっています。内陸性の気候で、夏の平均気温は20℃前後、冬の平均気温はマイナス10℃前後。積雪は、道内でも少ない方です。中標津の農業は酪農が中心です。耕地は23,400haの牧草地と1,100haの馬鈴しょ、てんさい、大根の作付けされる畑があり、クリーン農業を目指し堆肥の有効利用などに力を入れています。乳牛は39,000頭、生産される生乳の一部は飲用向けになり、多くはナチュラルチーズの原料に向けられています。農家は機械化が進んだ大規模経営が多く、コントラクター(農作業委託)や酪農ヘルパー制度の利用により生活にゆとりのある農業を営み、牛乳・アイスクリーム・チーズ・乳飲料など地域乳製品が作られ人気を呼んでいます。
中標津町の高齢者向け施設
施設数は1件です