• 「標津町の概要 」
    • 標津町は北海道の最東端、根室支庁管内の中心部に位置しています。本町を中心にちょうど両腕を出すように、左手に日本最後の秘境といわれる知床半島が、右手にはノサップ岬を先端とする根室半島が延びています。正面はオホーツク海に面し、洋上わずか24km先には近くて遠い島国後島が、その大きな姿を見せています。また、日本一の砂嘴(海岸から沖に出た砂の陸地)野付半島が本町を基部として延びているほか、背後に広大な牧場が広がる根釧原野を擁するなど、本町は風光明媚な地です。標津町は古くからサケを中心とする漁業により開けたまちである一方、明治時代後半から大正時代にかけて、入植者により開拓されました。そして、現在でも豊かな海と大地を生かした「生産の町」として発展してきました。
標津町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。