• 「宗谷エリアの概要 」
    • 宗谷地方は、北海道の北に位置し、東部はオホーツク海、西部は日本海、南部は上川・留萌及びオホーツク地方に接し、北部は宗谷海峡を経てサハリン(旧樺太)を望み、さらに日本海には利尻・礼文島があります。総面積は、4,625.13km2で、全道総面積の約5.5%を占め、ほぼ京都府の面積に匹敵し、東西148.2km、南北100kmに及んでいます。南北にまたがる低山性の北見山地が振興局の境界となってオホーツク海にのび、東部は平坦な臨海地であり、西部は広大なサロベツ原野を経て日本海に接し、南部は徳志別・幌別・頓別の各河川の流域が平野を形成して、オホーツク海に続いています。また、利尻島は円形で中央に成層火山の利尻山(海抜1,721m)があり、礼文島は南北に細長い丘陵地帯となっています。
宗谷エリアの高齢者向け施設
施設数は2件です