• 「苫小牧市の概要 」
    • 苫小牧市は、北海道の南西部に位置する海に面した町である。 そのため、古くから工業が発達し、明治期には製紙業が発展し「紙のまち」として親しまれている。高度経済成長期には東部に大規 模工業基地が建設され、現在では同じく東部に大規模な石油コンビナートが林立している。また漁業においてはホッキ貝の漁獲高が全国の1割を占め、市の貝にも指定されている。現在、苫小牧市は、高速道路のインターチェンジや千歳空港が近くにあり、空の交通も便利であるため、北日本有数の総合工業地域として発展しています。
苫小牧市の高齢者向け施設
施設数は44件です