• 「稚内市の概要 」
    • 日本最北端に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、宗谷岬からわずか43kmの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境の街。「水産」・「酪農」・「観光」を基幹産業とする宗谷地方の行政、経済の中心地です。稚内と交流の盛んなお隣の国、ロシア連邦サハリン州をはじめとする北方圏諸国への玄関口としても知られています。日本の最も北にあり、宗谷海峡を中心にオホーツク海、日本海に面している稚内市は、利尻礼文サロベツ国立公園を有する、豊かな自然環境が広がっています。平均気温は7度前後で、最高気温は22~28度、最低気温はマイナス10度~14度となっています。また、冬になると宗谷岬の海には、流氷が接岸することもあります。
稚内市の高齢者向け施設
施設数は2件です