• 「余市町の概要 」
    • 余市町は、北海道の西部、積丹半島の東の付け根に位置する、人口約20,000人の町です。町の北側は日本海に面し、他の三方はゆるやかな丘陵地に囲まれています。町内には縄文から続縄文時代の遺跡が数多く見られ、古くから人が定住していたことが知られています。余市町の行政面積は140.59k㎡です。これは東京都区部の世田谷区、大田区、品川区を合わせた面積に相当します。このうち、山林面積が93.50k㎡ (約66%)、畑地が21.13k㎡ (約15%)などとなっており、豊かな緑に囲まれた平坦地に広がる宅地4.83k㎡に市街地が形成されています。余市町は、千歳空港から高速道路を利用して約2時間。隣の小樽市までは車で約30分、札幌市までは1時間少々、また積丹半島と倶知安方面への国道の分岐点に当たる交通の要衝に位置しています。
余市町の高齢者向け施設
施設数は5件です