• 「緑区の概要 」
    • 緑区は、区東部においては工業や商業、業務機能などが集積するとともに、区の西側は美しいやまなみや湖・川など豊かな自然が広がる地域で、面積は253.9平方kmで、市域の77.2%を占める、本市の中で最も広い面積の区です。区東部の橋本地区では、JR横浜線、相模線、京王相模原線、国道16号、国道129号、国道413号が集中し、広域交通の結節点をなすとともに、橋本地区、城山地区、津久井地区を結ぶ国道413号、相模湖地区から厚木方面を結ぶ国道412号、相模湖地区・藤野地区の都心と山梨方面を結ぶJR中央本線、中央自動車道、国道20号が区の交通の骨格をなしています。区の西部に位置する津久井地域は、広大な森が水を育み、相模川や道志川などの清流、津久井湖、相模湖などの湖が水をたたえる、自然豊かな水源地があります。
緑区の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。