• 「太白区の概要 」
    • 太白区は、仙台市の南西部に位置し、名取川に沿って東西に帯状に広がった形状をしています。面積は230平方キロメートル、人口とも青葉区に次ぐ規模です。太白区には区内の4割を超える埋蔵文化財が集中しており、富沢遺跡や郡山遺跡等の大規模な埋蔵文化財の存在も区の大きな特徴となっています。区内を大きく分けると、JR南仙台駅周辺を中心に宅地化が進む平野部とその背後の都市型農地が広がる中田地域、市南部の副都心である長町地区を中心とした地下鉄やJR東北本線・国道4号の沿岸地域、八木山等の大規模住宅団地の連なる丘陵地域、太白山周辺の豊かな自然環境に恵まれた生出地域、そして秋保温泉や二口渓谷を有する秋保地域からなっています。
太白区の高齢者向け施設
施設数は22件です