• 「三芳町の概要 」
    • 「東京から一番近い町」三芳町は、首都圏30キロメートルに位置し、徳川家康の関東入国以降、武蔵野台地の開発がすすみ、元禄7年、川越藩主・柳澤吉保による「三富新田開拓」が実施され、長期間にわたり純農村地帯として歩んできた自然豊なまちです。面積は15.33平米kmで、東に国道463号、西に関越自動車道が通る恵まれた交通環境を背景に工業団地や流通拠点としての倉庫群を連ねております。また、三芳の大地が育んだ美味しくて、高品質な野菜。先人たちの知恵により、落ち葉堆肥などを使った土作りと、子どもを育てると同じように愛情を込めて作った野菜は、安心安全。採れたて野菜。そして、武蔵野の面影を残す雑木林の豊かな緑は、三芳町の魅力の一つです。
三芳町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。