• 「小川町の概要 」
    • 「和紙のふるさと」小川町は、埼玉県の中央部よりやや西に位置し、面積は60.36平方kmで、周囲を緑豊かな外秩父の山々に囲まれ、市街地の中央に槻川が流れる小川町は、歴史を誇る小川和紙や小川絹をはじめ、建具、酒造などの伝統産業で古くから栄えた町です。また、東京の池袋へは東上線の急行や快速で約1時間程度で行くことができ、町内には住宅団地や大型マンションが建設されています。
小川町の高齢者向け施設
施設数は5件です