• 「越生町の概要 」
    • 越生町は、埼玉県の西部にあって、首都50キロメートル圏に位置し、外秩父山地と関東平野の接点にあり、町のほぼ中央を越辺川が貫流している緑豊かな風光明媚な町です。町の東は比企郡鳩山町、西は飯能市、南は入間郡毛呂山町、北は比企郡ときがわ町に接しており、面積4,039ヘクタールを有しています。地勢は、外秩父山地が関東平野と出会う所であり、町の中央を一級河川越辺川が流れ、町土の約7割が山地となっています。越生町には、関東三大梅林の一つに数えられている越生梅林を始め、日本観光百選の黒山三滝、関東一の五大尊つつじ公園、太田道灌ゆかりの山吹の里歴史公園などがあり、花の里、ハイキングのまちとしても有名です。また、梅とゆずの収穫量と出荷量は県内第一位で、埼玉県第一位の大クスの木、平安時代の仏像の数も県で一番で、旧跡や神社仏閣なども多く、歴史もあります。
越生町の高齢者向け施設
施設数は2件です