• 「蕨市の概要 」
    • 蕨市は、古くから中山道の宿場町として栄え、にぎわいを見せていました。その後、機(はた)織物のまちとして栄え、経済の基盤を築きました。戦後は、首都圏の拡大とともに住宅都市として順調に発展し、現在に至っています。今でも蕨の歴史がしのばれる機まつりや宿場まつりなどの催しが行なわれています。また蕨市は、成年式の発祥の地であることや市域面積は5.11平方kmと全国一のミニ市であり、人口密度が全国で最も高い市として知られています。このように面積が小さく人口密度の高いまちですが、その過密さゆえに住民間の交流が深く、各地域におけるコミュニティ活動も活発に行なわれています。
蕨市の高齢者向け施設
施設数は6件です