• 「舟形町の概要 」
    • 「若あゆと古代ロマンの里」舟形町は、山形県の東北部で最上郡の南端に位置し、小国川沿いの自然豊かな町です。面積は119.04平方kmで、大部分が山地に囲まれた地域であります。町を流れる「小国川」は鮎の川として全国的に知られており、皇室にも献上された松原アユはとても美味しく、夏には全国各地から釣りに訪れる人で賑います。また、西ノ前遺跡からは、高さ45㎝で日本最大の八頭身の土偶が出土し、「縄文のビィーナス」と呼ばれています。町を一望する若あゆ温泉につかり、悠久の時を越えたロマンを感じます。
舟形町の高齢者向け施設
施設数は0件です

投稿はありません。