• 「真室川町の概要 」
    • 「人が輝き 町が輝き 未来が輝く」真室川町は、山形県の北部、最上地方の最北端に位置し、面積は374.22平方kmで豊かな自然に囲まれた伝統を大切にする町です。町域の大部分が森林で占められ、古来より林業の町として栄えた。気候は、盆地特有の気候で1日の寒暖の差が大きく、また年間を通じ日照時間が短く冬季の降雪量が多い。真室川町は山形県の北の玄関口であり、北部の雄勝峠を通る奥羽本線や国道13号によって秋田県と結ばれている。民謡「真室川音頭」は、真室川町の民謡で、現在でも町の各行事で歌われ、同町では真室川音頭の全国大会も毎年開催されている。
真室川町の高齢者向け施設
施設数は2件です