• 「村山エリアの概要 」
    • 村山地域は、県内陸部のほぼ中央、東京から約300キロメートルの距離に位置し、東は奥羽山脈を境に宮城県と、西は出羽山地を境に庄内地域と、南は朝日山地・五百川峡谷を境に置賜地域と、北は村山葉山・実栗屋峡を境に最上地域と接し、山形盆地を中心に尾花沢盆地、上山盆地を含む丘陵地、山地です。また、北流する最上川の中流部にあり、寒河江川、須川が合流する地域や扇状地、自然堤防上では、水はけの良さを利用して果樹栽培が盛んに行われています。村山地域は、内陸性の気候で比較的雨量が少なく、一日の温度変化や、季節の温度変化が大きくなっています。村山地域は、蔵王連峰、月山、大朝日岳に囲まれた盆地で、その春夏秋冬がはっきりと明確な気候がさくらんぼやラ・フランスをはじめとするさまざまな果実や米を育み、紅花やこんにゃく、麩といった独特の特産物、芋煮、だし、ひっぱりうどん等の郷土料理を生んでいます。
村山エリアの高齢者向け施設
施設数は88件です