• 「尾花沢市の概要 」
    • 「雪とスイカと花笠のまち」尾花沢市は、山形県の最北東に位置します。標高は70mから1,500mと起伏に富み、奥羽山脈や出羽丘陵などの山々に囲まれた盆地を形成しています。面積は、372.53平方km。尾花沢市は、日本有数の豪雪地で、積雪は平野部でも2mを超えることがあり、木造旅館が立ち並ぶ銀山温泉の雪景色や、市民憩いの場の徳良湖に舞い降りる白鳥など毎年2月に「尾花沢雪まつり」が開催される。また、尾花沢盆地特有の朝夕の寒暖の激しい気候は、米、スイカ、そばなど、多くの農産物を育みます。尾花沢市のほぼ中心に位置する灌漑用の人造湖、徳良湖。キャンプ場や子供広場、温泉施設などがあり、市民の憩いの場となっているここは、全国的に有名な「花笠音頭」の発祥地です。
尾花沢市の高齢者向け施設
施設数は1件です